このページの本文へ

ここから本文

製品・サービス

設備保全 - 工作機械のPM点検とメンテナンス

定期的に精度検査・機能点検を実施し必要に応じて修正を行うことで設備導入時の精度(JIS、メーカー規格など)に近づけ、計画的な生産を支援します。

特 長

  • 静的精度と数値制御精度を合わせて測定および修正するので、費用は安価にできます。
  • 定期的に実施の場合、当社にて年間スケジュール管理をし、実施当月より1~2ヶ月前にご連絡をしますので忘れ防止となります。
  • 点検結果に基づいて診断結果を整理、今後故障や不良発生が予測される箇所を抽出し、優先順位付けした推奨整備工事を予防保全としてご提案します。

PM点検内容

①静的精度検査

主な修正可能項目

  • ベッド滑り面またはテ-ブル運動の真直度
  • 各軸相互運動の直角度
  • 各軸の運動とテ-ブル上面の平行度
  • アタッチメントヘッド(水平主軸)の平行度
    (MHI製 門型マシニングセンタのみ)

レベリングボルト及びその他、調整機構にて精度修正します。
上記修正可能範囲以外は別途ご相談となります。

②数値制御精度検査(NC)

主な修正可能項目

  • 直線運動の位置決め精度
  • ロストモ-ション量(バックラッシュ量)

NCパラメータのピッチ補正、バックラッシュ補正を実施します。(但し、経年劣化によるボールネジの摩耗、摺動部の摩耗、サポートベアリングの老朽化などにより許容値から外れる場合、オーバーホールなどが必要です。)

PM点検

他修理、機械移設

  1. ①工場内レイアウト変更などの機械移設(基礎、電気、配管工事含む一式)
  2. ②実装機Panasonic製の部品供給機(インテリジェントフィーダ)の検査・修理
  3. ③コンプレッサーや圧力容器などインフラ設備の点検・整備

インテリジェントフィーダの検査・修理

お見積依頼について

  1. PM点検実績は下記「PM点検実績表」となります。お見積依頼時にご参考ください。
  2. お見積依頼は、「機械設備精度検査見積依頼書」に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてご依頼ください。
  3. その他、機械修理、工場内機械設備移設(レイアウト変更)などのご依頼及びご不明な点は「メールによるお問い合わせ・お見積依頼」ボタンまたは、電話・FAXにて営業部までお問い合わせください。
    お問い合わせの際の注意項目はこちら

ページのトップへ戻る